クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

300Sのペペクラ  

300Sのペペクラ

先日、マセラティ300Sの絵本“The Little Red Racing Car”について紹介したので、お友達のカーイラストレーター、溝呂木陽氏にこの本を知っているかと尋ねてみた。さすがこの業界で名の知れた氏のこと、本書の日本語版を企画しているクラシックカー総合誌「オクタン」日本版の編集部から既に問い合わせを受けておられた。しかもなんと、この絵本の巻末に、彼のパーパークラフトが付録として付くことになったのだそうだ。300Sは勿論のこと、主人公の父子と絵本で重要な舞台となる古い納屋までもが再現される。彼のブログやFaceBookには、現在試作中のペパクラの詳しい製作過程がUPされているので是非ご覧あれ。“The Little Red Racing Car”に興味を持たれた方は、原書とこの翻訳絵本も購入して、300Sペパクラを作って遊びながら、親子で日英語版を読み比べてみるのも良いと思う。日本語版「リトル・レッド・レーシング・カー」は5月末刊行が予定されている。もちろん、私も購入します!一方絵本の作者、Knowlton氏による1955年ミッレ・ミリアレースでメルセデス・ベンツ300SLRが活躍する次回作、”The Greatest Race”の製作も着々と進行中のようだ。乞うご期待!

Blog:http://mizorogi.blogzine.jp/modelers/2014/04/maserati_300s_a.html
FaceBook:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.451212458315879.1073741957.100002813875488&type=1&l=69ead0ca35
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/23 Wed. 22:40 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 0

棒ラーメン  

マルタイ ラーメン

マルタイ棒ラーメン。九州、特に福岡出身者でこの即席めんを知らないものはいないだろう。そのマルタイの赤字が拡大しているのだそうだ。こりゃおおごとたい(大問題だ)。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/04/17 Thu. 23:12 [edit]

category: Fukuoka/福岡

tb: 0   cm: 0

RENAULT CAPTURE  

RENAULT CAPTURE

今日、帰宅時に前方を見慣れぬ色とカタチのクルマが走行していた。もしやと思い後方に近づくとルノーの新型SUV、キャプチャー(CAPTURE)だった。「ルノーともう一度恋に落ちる」でも紹介した新型ルーテシアベースのコンパクトクロスオーバーSUV。欧州ではこのカテゴリーで日産ジュークと1、2位を争う好調さで、2013東京モーターショーでは私がルーテシア以上に気になったモデルだ。日本市場には今年2月に投入されたばかり。まだまだ日本で見かけるルノー車が少ない中で、公道を走る貴重な一台だった。夜のR134でも映える目の覚めるようなブルーと白のルーフというツートンカラーがおっされーなタイプXNV。ちょっとブルーイッシュグレイっぽい、ルーテシアのブルー ドゥ フランスも素敵だが、より鮮やかなこのブルーメディテラネというブルーも若々しく、非常にインパクトがある。日本車にも、あるいはドイツ車にも絶対に使わない(似合わない)青で、ルノー(フランス野郎)の色使いのセンスはやはり侮れないものがある。今夏、こんなカラーリングのクルマで湘南を流せば、注目を浴びるだろうなあ。

Posted on 2014/04/15 Tue. 22:20 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 2

Maserati 300S  

1955 Maserati 300S #3056

アメリカのカーガイ親父が息子のために描いた“The Little Red Racing Car”の主人公、マセラティ300Sについて調べてみた。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/04/12 Sat. 02:04 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

The Little Red Racing Car  

The Little Red Racing Car

今日はアメリカから素敵なクルマノエホンを紹介しよう。根っからのクルマ好き、カーガイのお父さんが、息子さんが生まれた時に一緒に楽しめるクルマの絵本はないかと探した。何だかどこかの中高年おっさんと同じような話だが、彼は納得できる絵本を見つけることはできなかった(こんなにたくさんのクルマ絵本があるというのに!)。ならば自分で作ってしまおうと、デザイナーのそのお父さんが完成させた作品が今回紹介したい“The Little Red Racing Car”(Dwight Knowlton、Carpe Viam Productions)である。彼の息子さんへ、そしてクルマを愛する全ての人へのすばらしい贈り物となっている。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/04/07 Mon. 20:40 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 1

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク