クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

タイヤができるまで  

タイヤのことを知ろう

首都圏に大混乱を招いた大雪もさすがにほとんど解けたが、まだ日当たりの悪い場所へ行けば雪は残り、冷え込みの続く早朝の路面は凍結しているところもある。クルマを使う人にとっては油断のならない日々が続く。こういう季節だからこそ、命綱であるタイヤについて理解を深めておく必要がある。先日紹介の学習絵本「タイヤのひみつ」を参考に引き続きタイヤの勉強をしたいと思う。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/26 Wed. 23:22 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

フィギュアスケーター  

荒川静香と大型バイク

先日届いたJAF Mateの2014年3月号の表紙は黒いライダースーツに身を包んだ荒川静香さん。「バイクの上でイナバウワーやるなよ」とカメラマンの立木義浩氏から冷やかされたようだが、大型バイク(ヤマハBOLT?)と並んで写る彼女の姿が超かっこいい。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/23 Sun. 13:07 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

本を読める自由  

悲劇の少女アンネ

昨日の朝、ラジオを聞きながら運転していると、本に関する話題が2つ紹介されていた。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/22 Sat. 01:16 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 0

けいてぃーからけいこへ  

けいてぃーのモデル?

毎週雪に振り回されて、私も慣れない雪かきに手足と腰が痛い(結局昨日も、息子と二人で駐車場前の雪かきをやってしまった…)。豪雪地帯に住んでおられる方は毎年本当に大変だと思う。その除雪については私の大好きなクルマ絵本がある。「けいてぃーはたらきもののじょせつしゃ」(原題“KATY AND THE BIG SNOW”)というバージニア・リー・バートンの名作だ。大雪続きで「じょせつしゃ」を検索していたら、この絵本の主人公「けいてぃー」のモデルを徹底的に調べ尽くしたサイトを発見!定説のインターナショナル社トラクターTD-18説に疑問を抱き、同社TD-9とかTD-6あたり(マニアックすぎてわからん)ではないかというところまで行く付くものの、結局最終結論には至らず。私もクルマの絵本のモデルを調べてみることが多いが、これだ!という答えが見つからなかったときのモヤモヤ感、気持ちよくわかります。管理人さんの詳細な調査、拘わりと執念には恐れ入るが、「けいてぃー」が戦争に行ったとか、映画に出たとか、そしてその映画がきっかけで日本最初のブルドーザー、コマツG50(=けいこ)が生まれたとか、話の展開が面白すぎる。ここに管理人さんの拘泥及びユーモア精神に敬意を表してネタ元を紹介しておく。

Katy Story/水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り
http://oba-shima.mito-city.com/tag/katy/?order=ASC

Posted on 2014/02/17 Mon. 21:58 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 2

最悪な…  

また大雪!

先週雪かきをしたばかりなのに…。最悪である(涙)。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/15 Sat. 12:14 [edit]

category: X-Trail

tb: 0   cm: 0

タイヤのひみつ  

タイヤのひみつ

先週末は記録的な大雪で都心の交通は大混乱だったが、今日も朝から雪。再びかなりの積雪になるとの予報も。さすがにあの大雪の中、ノーマルタイヤで出かけたリスキーな人はいなかったと思うが、ドライバーの命を預かるのがタイヤ。今日は自動車にとっても非常に重要なタイヤの基礎知識を分かり易く解説した学習漫画、タイトルもズバリの「タイヤのひみつ」(絵・大石容子、構成・橘悠紀、企画・㈱ワークショップ21、協力・㈱ブリジストン、学研まんがでよくわかるシリーズ)を紹介する。「燃料電池車のひみつ」と同様、小学校図書室や公立図書館に無料配布される「学研まんがでよくわかるシリーズ」の第59巻。このシリーズはマニアックな自動車ネタも多く、私も非常に重宝している。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/14 Fri. 10:22 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

記録的な…  

記録的な…

いやー、降った降った。全国的にも暖かいと言われる横須賀・三浦半島も記録的な大雪となった。昨日は義父・義弟らと横須賀中央へ飲みに行く約束をしていたのだが、その時間帯の横須賀も外はブリザード。このまま出かけたら死にそうだったので飲み会は延期となった。さすがの京急も止まったり遅延していたしね。私も半世紀生きているが、九州人なのでスキー場以外でここまでの積雪を経験したのは初めて。明けて9日。昨日の荒れた天気から一転して好天気に恵まれた。しかし、外の駐車場に止めている愛車エクストレイル君の様子を伺うと…。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/09 Sun. 16:14 [edit]

category: X-Trail

tb: 0   cm: 0

ペダルカー  

ルノーF1ペダルカー

大雪の中、我が家ではテレビを見ながらソチ五輪の日本選手団のウェアがダサすぎると話題になった。評判がよかったのは、伯、英、米、露などやはりスポーツ大国。世界的に有名な日本人デザイナーが数多くいるのに、日本のウェアは何でいつもこうなんだろう。こういうところにも、国としてのブランドや情報発信力のなさを感じてしまう。東京五輪が心配だ。さて前回は子供用の渋いトイ・カーを紹介したが、実際に乗ることのできるトイ・カーといえばペダルカーを思い出す。最近はあまり乗っている子を見かけないけど、このペダルカーには苦い経験がある。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/08 Sat. 18:19 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 0

DB Junior  

DB Junior

これをトイと呼んで良いものか。写真はペダルカーではない。10歳の子供から実際に乗ることの出来る110ccガソリンエンジン搭載の「DB Junior」。アストンマーチンDBモデルをモチーフにした “ミニカー”で、実車のアストンマーチンの専門販売を手掛けるNicholas Mee & Companyから購入できる[1]。渋っ。10歳になったばかりのうちの愚息も運転できるということだから、もし手に入れられたら彼は狂喜乱舞するに違いない。セミオートマチックの3速ギヤボックスに油圧ディスクブレーキを備え、最高速度は時速74km!本革製のシートにウッドのハンドル。これで007ごっこでもしようというのか。値段はなんと16,500ポンド(273万円、1ポンド=165.4円で換算)。私の愛車が買えちゃう。こんな贅沢なおもちゃ、どんなクソガキ、いやお子様が買い与えられるのだろう。当然公道は走れないから、サーキット貸切もしくは自宅のお庭で走行可能な大富豪のご子息(クソガキ)だ。下々の者は、公式ページの動画を見ながら、ため息をつくしかない。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/06 Thu. 20:39 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 0

Waltz for Debby  

Waltz for Debby/Bill Evans Trio

日産の3代目ティアナが発表された。ターゲットカスタマーは50代の夫婦。我が家の場合、カミさんはまだ40代だが51歳の私はまさに“標的”。キャッチコピーは『人生最高の時を輝かせるプレミアムセダン』なのだそうだ[1]が、上がらない給料は、家のローンや子供たちの教育費に消え、消費税増税によるさらなる追い打ちと人生最高の時なんてあったもんじゃない。世界戦略車だか何だか知らないが、全幅も新型エクストレイルと同じ1.8m超えで駐車場にもまともに止められない。そんな典型的な日本のユーザーなんて最初から想定していないのだろうから、キャッチコピーも何だか白々しいし、少なくとも私には全く刺さらないクルマ。なんて日産車の不平不満はこの辺にして、今日のテーマは先代の“OMOTENASHI“(「お・も・て・な・し」の専売特許はこちらの方だった)ティアナのCM曲でも用いられた名曲”Waltz for Debby“についてである。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/02/01 Sat. 21:44 [edit]

category: music/音楽

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク