クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

都知事選  

道路の権力

そもそも発端はこの男のマネースキャンダルからだった。猪瀬直樹。小泉政権下で道路関係四公団民営化推進委員会委員として公団民営化に積極的に関与した。利権蠢く道路行政にメスを入れたことで、族議員や官僚などとすさまじい攻防戦が繰り広げられたことは著書「道路の権力」(文藝春秋)に詳しい。道路公団OBの父などは猪瀬を嫌っていたようだが、周りに敵や復讐心を抱く人は相当多かったはず。その氏が五輪の誘致成功から一転、奈落の底に突き落されることになる。でも何か釈然としないのは私だけだろうか。今回の事件のもう一方の主人公、徳田虎雄と猪瀬の前任、石原慎太郎閣下がズブズブの関係であったことは周知の事実のようだ[1][2]。石原都政を継承すると言われた元日本空軍参謀長殿は大丈夫だろうか。石原都政を引き継ぐということは、すなわち猪瀬都政も引き継ぐということ。徳洲会との癒着も同時に継承するということか。また自民党だけでなく野党も含め、徳洲会との関係で猪瀬以上に叩けば埃の出るような国会議員も相当いるはずだが、マスコミは前知事の辞任以降、ほとんどこのマネー疑惑には触れなくなった。あれほどスキャンダルが大好きなマスコミが次を追わないのは何故か。猪瀬直樹は単なるスケープゴートにされただけなのだろうか。仕掛け人は誰なのか…。ブログテーマと全く関係ないが、都知事選劇場を外野から無責任に観戦させてもらおう。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/30 Thu. 22:56 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 0

タイヤ交換  

タイヤ交換

年始には愛車の洗車を久しぶりに行ったが、年末にはタイヤを交換した。スノータイヤへの交換ではなくノーマルタイヤである。11月の車検の際に溝が3mmを切っているということで交換を促されていたのだ。走行距離約32,000kmの時点でローテーションを行い、今回の交換時期では約69,000km。さすがにスリップサインが出ているほど擦り減ったギリギリの状態ではないし、悪路を走ることはないにせよ、よくもった方だと思う。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/19 Sun. 17:17 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

駒場でシュコダに出会う  

駒場でシュコダに出会う

今日はセンター試験が行われたのかもしれないが、昨日は仕事を午前で切り上げて東大駒場にお邪魔した。先端科学技術研究センターで開催された先端学際工学特別講義を聴講するためである。「バリアフリー」の観点で考える人間と社会というテーマで、障害学を専門とされている福島智教授がご講演された。彼は全盲ろう者として世界で初めて常勤の大学教官になられたことで有名である。私は彼のことをニュースか何かで見聞きしていて全盲の大学教授だと思っていた。耳も聞こえない方であることは当日の講演で初めて知った。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/18 Sat. 21:29 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 1   cm: 1

ラーメンとスロットカー  

ラーメンとスロットカー

今日は嫁が仕事、娘は美術スクールということで、暇な男闘呼組は新横浜に繰り出すことにした。目指すはラーメン博物館。美味しいラーメンを食べることも目的の一つだが、もう一つの狙いは最近はまっているスロットカーで遊ぶこと。ラーメン博物館とスロットカー?これが意外なところで結びつくのである。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/12 Sun. 23:59 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 0

くるま あらいます  

くるま あらいます

黄砂の影響なのか、最近はクルマが汚れるのがやたらと早い。ところが私は元来無精者で、洗車をほとんどしないと来ている。いつも汚い状態のエクストレイル君はへそを曲げているかもしれないが、そういう私も年末年始にはさすがに洗車を行う。年末に行きつけのガソリンスタンドに洗車しに行ったのだが案の定1時間半待ちと言われて断念した。正月三が日も過ぎればさすがに大丈夫だろうということで、息子とクルマを洗いに出かけた。私も子供の頃はよく洗車を手伝わされたが、洗車は親子のコミュニケーションには良い機会だ。本日紹介する絵本は、クルマでお出かけ中の親子が急に洗車場に行かなければならなくなったお話。洗車機洗いでこんなにもイマジネーションを膨らませられるのかと感心した「くるま あらいます」(文:サンドラ・スティーン&スーザン・スティーン、絵:G.ブライアン・カラス、訳:石津ちひろ、BL出版)は、原題が“CAR WASH”(文:Sandra Steen&Susan Steen、絵:G.Braian Karas、Putnam Juvenile)というアメリカの絵本である。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/10 Fri. 22:20 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

新春GrandPrix  

新春GrandPrix

息子へのクリスマスプレゼント、スロットカーに彼はすっかり夢中である。1日1回はスロットルを全開にしないと気が済まないらしい。大晦日から我が家へお泊りだった横須賀在住の義父も興味を持って、父を含めた5名で新春大レース大会を開催。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/02 Thu. 09:25 [edit]

category: toys/おもちゃ

tb: 0   cm: 4

2馬力のクルマ?  

二頭の馬

我が家の今年の年賀状には「Très Très Loin」という絵本の挿絵を使った。このBruno Heitz 描くシトロエン2CVと二頭の馬がとても素敵だったからだ。2CVは“deux chevaux”の略、つまりフランス語で二頭の馬。実際2CVは2馬力ではなかったが、我が道を行くのんびりなクルマ。家族はみな高馬力で慌ただしく生活しているが、私は”ドゥシェ”でニュートラル、公私ともにスローライフを営もうと思っている。今年もブログはゆるりと更新していきたい。肝心のクルマの絵本紹介は停滞気味だが。立ち寄って下さった皆様、本年もよろしくお願い致します。

Posted on 2014/01/01 Wed. 09:40 [edit]

category: others/その他

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク