ONE PIECE単語帳1

週末、ネットからダウンロードしたONE PIECE麦わらの一味の海賊旗の画像を所定の大きさで印刷するよう娘から頼まれた。プリントアウトしたものを切り貼りして何やらゴソゴソ工作をしている。勉強もせずに何をしているのかと思ったら、写真のように海賊旗でデザインしたオリジナルの単語帳を作っていたのだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ブルドーザーのガンバ

前回の「モモンキかんばる」と同じく主人公の頑張りがテーマのクルマ絵本、再び高橋透氏による挿絵が味わい深い「ブルドーザーのガンバ」(鶴見正夫・作、高橋透・絵、偕成社のりものストーリー2)を本日は紹介する。
[ 続きを読む ]

モモンキがんばる

山中伸弥博士が日本人として25年ぶりにノーベル医学・生理学賞を受賞された。私の手帳の2007年11月21日付けメモには「山中伸弥。人の皮膚からあらゆる細胞を作り出せる万能細胞を生成する技術を確立。4つの遺伝子が分化多能性を与えると提唱したのも山中教授の成果。ワトソン&クリックによるDNAらせん構造の発見と遺伝子工学に匹敵する医学上の革新的発見と応用技術。ノーベル賞は間違いない。」と記してある。素人の私でもその成果の無限の可能性は理解できた。ノーベル賞学者というと東大や京大卒の挫折をしらない知のエリートという印象が強いが、山中先生は我々凡人と同じように挫折の連続で、若い頃はへたくそな整形外科医だったというエピソードを聞くと妙に親しみを覚えてしまう(とはいっても神戸大医学部卒の秀才なのだけれどね)。彼は私と同い年というのもなんとなくノーベル賞を身近に感じてしまった。ただ歳が同じだけなんだが、それにしても同じ時期に人生のスタートを切ってこうも違うもんかね。1962年生まれのスーパースターはあまり知らないが、彼は間違いなく同期のエース、いや世界のエースとなった(私の知る限り’62年生まれの理系のトップランナーはもう一人いる。カルテックの大栗博司博士。素粒子論で世界的に有名な天才。もちろん彼の業績は理解不能)。たくさんの失敗・挫折を経て、成功を勝ち取った山中博士の逸話を聞いて思い出した「モモンキがんばる」(岡田純也・文、高橋透・絵、ユッセの会・作、中央出版)という絵本を本日は紹介する。クルマの絵本というほどクルマが主人公ではないのだが、クルマ絵本では常連の私の好きな高橋透画伯の描くはたらく車が随所に登場する。
[ 続きを読む ]

Google自動運転カー

前回の続き)自動運転システムの概念は、1939-40年にニューヨークで開催された世界博で、GMがFuturamaという自動運転システムコンセプトを提唱したことが最初といわれる。’50年代には本格的に自動運転システムの研究が開始されるが、'60年代にかけて研究された自動運転システムは、主に道路に埋設した誘電ケーブルから発生する磁界を検出してコースずれを把握し、ステアリング制御を行うガイド式と呼ばれるものであった。このようなインフラに頼る初期のシステムに対して、周囲環境を認識して自律的に走行戦略を決めるという、まがりなりにも「知能」と呼べるものを備えた自動運転システムは’70年代、日本で研究された。旧通産省の機械技術研究所で開発された「知能自動車」は、マシンビジョン(カメラによる画像処理技術)を使って経路や障害物を検出し、後輪の回転差から自車位置や方位を推定するデッドレコニングと呼ばれる技術と精密な地図を用いて、目的地まで移動することができた[1]。
[ 続きを読む ]

ナイトライダー DVDバリューパック

ちょっと前のことになるが、今年の夏休みのこと。いつものようにコストコ@横浜金沢で買い物をしているとき、ふとDVDコーナーに目が止まった。前から気になっていた『ナイトライダー(Knight Rider)』のDVDボックスが1,980円!シーズン1から4までがあって、1シーズン分がこのお値段のバリューパック版だった。それでも定価は4,980円、Amazonでも2千円ちょいで売っているが、ディスク8枚で全22話が2千円しないのだから、これは買いでしょ。嫁の方をチラ見してアイコンタクトで了解を取り、とりあえずシーズン1をカートに入れた。
[ 続きを読む ]



最近の記事