クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

祖父のこと  

臺灣(台湾)時報

地震の起こる数日前、何げに祖父の名前をググってみたら、1件だけヒットした。中国語のサイトで祖父の著作物が参考文献として掲載されていたのだ。会ったこともない祖父と孫がネットで繋がった瞬間である。何でも検索できるもんだなあとGoogleに感心しきり。詳しく見てみると、内容は汕頭に関するもので、出典は1939年(昭和14年)の『臺灣(台湾)時報』(上図)とある。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2011/03/13 Sun. 14:45 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 0

日本沈没  

日本沈没

私も妻も、阪神淡路大震災を震源地の淡路島で経験しているので、人生2度目の巨大地震との遭遇である。地震発生時に私は会社にいて、非常に長い地震がおさまった後も足がガクガクと震えていた。たまたま横須賀市内で勤務していたのですぐに帰宅できたが、多くの方々が足止めを余儀なくされた。震源地周辺の被害状況も想像を絶する。救援活動もなかなか進まぬ中、被災された方々には謹んでお見舞いとお悔やみを申し上げます。しかし、まだ大きな余震・津波の発生が危惧されるし、その後各地で地震が続いていることも気になる。なんとなく震源地が南下しているようにも見える。関東直下、東南海などの地震の巣が刺激されなければよいが。福島第一原発の原子炉事故も予断を許さない(どうも爆発が起こったようだ)。小学生の頃映画で観た小松左京のSF小説「日本沈没」を思い出した。政治も経済も停滞する中、地質学的にも我が国は沈没しかかっているのだろうか。

日本沈没〈上〉 (光文社文庫)日本沈没〈上〉 (光文社文庫)
(1995/04)
小松 左京

商品詳細を見る

Posted on 2011/03/12 Sat. 17:14 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 0

じどうしゃアーチャー  

じどうしゃアーチャー

1ヶ月以上ぶりのじどうしゃ絵本ネタUPです。花粉症が日ごとに悪化、職場でも家庭でも全くやる気NOTHING。当然ブログを更新する気力も失せる。そんな中でも先週の日曜日は、娘たちの学年がNHK教育新番組のテレビ出演ということで、地元ホテルでの公開収録に行って来ました(テレビに映るかもしれないと収録中マスクをしなかったのがいけなかったなあ)。
http://www.nhk.or.jp/sls/
http://www.nhk.or.jp/school-blog/300/79139.html

目の痒みがあまりにもひどいもんで、卓上でも車内でも使用できるポータブルの空気清浄機(三洋電機製CAF-VW10TG)を急遽購入。これで症状が結構マシになったので、久しぶりに筆をとることにした。で、今回紹介するクルマ絵本は「じどうしゃアーチャー」(片平直樹・文、 伊藤正道・絵、小林彰太郎・監修、教育画劇)。前々回「ベントンのシート」の紹介ではベントレーを取り上げたが、ロールス・ロイスが主人公の絵本もあるのですよ!戦前のR-Rを代表するモデル、40/50HPシルヴァーゴースト・アルパイン・イーグル(Rolls-Royce 40/50HP Silver-Ghost "Alpine-Eagle")というクラシックカーが登場する超マニアックな絵本である。
-- 続きを読む --

Posted on 2011/03/06 Sun. 18:53 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク