C.ロナウドのJrユニフォーム

ここのところ、テーマのクルマ絵本の紹介はどこへ行ったのやら。ワールドカップネタが続く。ミーちゃんハーちゃんな我が家の常で、流行モノにはすぐに飛びつく。今回のネタもまたまたサッカー。W杯だからというわけでもないのだが、最近、息子がサッカースクールに入部した。小1にもなると、野球やサッカーに興味が出て来るのは当然で、地域のクラブなどに参加する子が多くなる。愚息も例外ではなく、小学校に上がった頃からサッカーをしたいと言い出した。近所の従兄弟たちも地域のクラブに入ったのと、W杯の盛り上がりもあってますます欲求は高まる。将来の夢が「うるとらまんになりたい」だった野郎が、最近ではサッカー選手だ。全く現金なヤツだ。ただ、地域のクラブは土日に5~6時間は平気で練習するハードなもので、軽いものの幼児性てんかんの持病を持ち、クラス一チビで体力もない息子にはちょっと厳しいと思っていた。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

マイ・バースデー・ケーキ

私の年齢もついに5巡目に突入。次の寅年は赤い“ちゃんちゃんこ”かと思うと、急に萎えてきた。いやいやまだ40代、これからも家族のために若々しく元気で頑張ろう。家族から嬉しいプレゼントをもらい、夕食後バースデー・ケーキを見て驚いた。近所でお菓子・料理教室を開いている嫁と嫁の妹の共作によるそのケーキ、何とワールドカップ仕様になっていた。
[ 続きを読む ]

LEGOサッカー

先週末は、久しぶりにLEGOサッカースタジアム(#3409)を引っ張り出して、子どもたちと遊んでいた。LEGOといえば、言わずと知れたデンマーク製の玩具。赤白のユニフォームを巧者デンマークに見立て、来たる最終戦に向けて気分を盛り上げていたという訳だ。そして、岡田ジャパンはそのデンマークに勝った。
[ 続きを読む ]

10万km

ついに我が緑缶の走行距離は、10万kmを突破した。外国での車の使われ方を考えれば、10万kmなんてまだまだかわいいもんだが、とりあえず一区切りである。7年で10万kmはさほど早いペースではないが、転勤をしてから毎日100km通勤になったこの3年間で7万km、年23,000~24,000kmずつ延びている。このまま行けば、次回のブラジルでのW杯イヤーに20万kmを超えるであろう。まあ、そこまで乗り続ける可能性は低いだろうなあ。とにかく、納車の時からいろいろトラブルに見舞われたカングーであったが、よくここまで走り続けたと思う。最近はミッションやインパネの調子が今ひとつの満身創痍なクルマだけれど、車検も通したばかりだし、もうしばらくは頑張って欲しい。

オランダ代表ボール

やはりオレンジ軍団の壁は厚かった。相手は優勝候補の実力差からすれば、0-1のスコアは大善戦ではなかったか。その結果、最終のデンマーク戦では、引き分け以上で決勝Tと有利に戦える。ただ、格上デンマークとのガチンコ勝負と考えれば、これで五分と五分である。そのオランダ代表ボール(1号球)を、私は前回のW杯から愛車カングーのダッシュボードに飾っている(写真)。しばらくは、この状態で公道を流すのは、ちと危険かもしれない。
[ 続きを読む ]

のりたい くるま どれ?

4月のルノー・日産とダイムラーの資本提携話で、久しぶりにスリー・ポインデット・スターがマスコミの話題に上がっていたが、ことクルマノエホンの分野となるとベンツが題材になることは稀のようだ。やはり、高級車で威圧感のあるイメージのベンツは、絵本や児童書の世界では扱いずらいブランドなのかもしれない。私の知る限り、その数少ないベンツが描かれた絵本の1冊を紹介しよう。「のりたい くるま どれ?」(福村一章・絵、浅葉克己デザイン室・デザイン、小学館)である。表紙に大きく描かれているのは、メルセデス・ベンツ、CLK320アバンギャルドだ。
[ 続きを読む ]

宇宙たんけんたい

大方の予想に反し、岡田JAPANは初戦を制した。まあカメルーンも調子悪かったし、内容的には手放しで喜べるほど質の高いものではなかったが、勝ちは勝ち。北京オリンピックでは、ただのビックマウスでボロクソだった本田も、今は日本の頼れるヒーローだ。もう一人のヒーローは松井かな。今回のメンバーの中では、一番安心感のある存在だ。W杯6連敗と言われた岡ちゃんも、これでなんとか日本人初の勝利監督という称号が付いた。我慢した甲斐があったね。サッカーほど、試合の勝敗で監督と選手を天国と地獄に露骨に振り分けるスポーツもないからね。「カメルーンの最後の15分の猛攻が、オランダ戦では試合開始から訪れる」というオシム前監督の言葉が、お祭り騒ぎに沸く日本人に、ワールドカップの本当の恐ろしさ、頂の高さを改めて認識させてくれた。そのオランダ戦は、いよいよ明日だ。でも、久しぶりに日本全体を元気にしてくれたニュース。

日本が勝利を収めた日の前日に、やはり日本中の多くの人々が関心を寄せていた、科学技術上のワクワクするニュースがあった。世界でも初めての試みであった小惑星探査機「はやぶさ」が、約7年間の長い旅路を経て、13日地球に無事帰還した。
[ 続きを読む ]

カングー・クルール

ルノー・ジャポンのサイトをクリックすると、見慣れない色のカングーが。鮮やかなグリーンにオレンジ、ブルー。まるで、昔の山手線、中央線、京浜東北線、もといカメルーンにオランダ、日本代表カラーではないか。実にタイムリーな。しかも、ブラックバンパーとドアミラーが、ソリッドなカラーをさらに引き立てる。これ、ルノー・ジャポンが日本向けに特別生産をしたカングー・クルールという商品なのだ。
[ 続きを読む ]

ジュンとひみつの友だち

本日紹介する「ジュンとひみつの友だち」(佐藤さとる・文、村上勉・絵、岩波書店・岩波ものがたりの本)は、私が今住んでいる横須賀・安針塚周辺を舞台にした「わんぱく天国」と同様、佐藤・村上コンビによる佳作。彼らの代表作、コロボックル物語ほど有名でないものの、ファンの間では人気の高い作品のようだ。本書は、クルマノエホンの本棚に入れるべきか迷う児童書なのだけど、本作において大事な脇を固めるキャラクター、クルマ(メカニック)が好きな魅力的な少女の存在から、私のクルマノエホンリストに加えることとした。
[ 続きを読む ]

2010W杯開会式@ヨハネスブルク、サッカーシティー競技場

さて問題である。次のランキングは、何の順位かおわかりであろうか?いよいよ始まったFIFAワールドカップ2010の順位予想?中国は出ていないよね。南アが上位にランクされるので、鉱物資源の産出量?

1位:ドイツ
2位:南アフリカ共和国
3位:イギリス
4位:中国
5位:アメリカ
6位:フランス
7位:メキシコ
[ 続きを読む ]

イワシの魚群

お天気に恵まれた先週末、子どもたちのリクエストもあり、久しぶりに横浜八景島シーパラダイス・アクアリゾートに遊びに行った。横浜といっても、横須賀との市境なので、車で2-30分程度。我が家にとっては、最も近い首都圏メジャー・レジャースポットの一つである。ママさんのお弁当も準備して一日楽しんで来た。もともと水族館好きのせいもあり、私自身もワクワク。お父さんの一番のお目当ては、巨大水槽に群れ泳ぐイワシの大群だ。
[ 続きを読む ]

きいろいオースチンFX-4のキット

ヤフオクでまた余計なものを買ってしまった。オースチンFX-4、すなわちロンドンタクシー・1/24スケールのプラモデルである。今でもあるのだろうか、懐かしいイマイ(今井科学)製のキットだ。1979年製のふるーいものだけど、一応未開封品。
[ 続きを読む ]



最近の記事