車のいろは空のいろ(旧版)

娘は現在小学4年生であるが、4年生の国語の教材にたびたび取り上げられる定番の物語がある。それがこの「車のいろは空のいろ」(あまんきみこ・文、北田卓史・絵、ポプラ社)シリーズの中の「白いぼうし」という作品である。娘に聞くと、新学年が始まって一番最初の教材がこれだったそうだ。なので、その他の話にも興味をもって我が家にあった本シリーズを熱心に読んでいた。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ながら運転

今朝の通勤途上のこと。信号待ちをしていた前方の車がなかなか発進しないので、「プッ」とクラクションを鳴らす。運転手は何やら冊子を覗き込んでいる。私と同じIT弱者で、カーナビを搭載していないのか、道がわからず地図でも開いているのだろうと思っていた。
[ 続きを読む ]



最近の記事