先日の四十七の誕生日に買ったのがこのTシャツ(写真)。ヒストリックカーファンはニヤリとする一品だ。袖口には黄色い《》マークに“overtakers”のロゴ。これはどう見ても、懐かしい旧タイプのルノーブランドマーク。フレンチブルーのボディに白い2本のストライプ。胸には“R8”の文字が。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

未来を走れ ハイブリッドエコカー

ハイブリット車の人気がすごいことになっている。5月度の自動車販売の結果によると、先月フルモデルチェンジとなったトヨタ・プリウスが1万915台で首位、2位には、ホンダ・フィットが入っているが、 3位はこれまたホンダのハイブリット車、インサイトが8183台で続いている[1]。特に首位の新型プリウスは、205万円の低価格の影響が大きいのか、先月の発売から1ヶ月で国内受注台数が18万台を超え、その勢いは止まらない[2]。5月18日に発表された新型プリウスは今回で3代目。初代プリウスが世界初の量産ハイブリットカーとして誕生したのが1997年。 ポルシェ博士が世界で初めてのハイブリットカー「ミクステ」を製造開始した1902年(発表は1896年)から約1世紀が経っていた。この初代プリウスの開発ストーリーを児童向けに書き下ろしたのが、今回紹介する「未来を走れ ハイブリッドエコカー」(後藤みわこ・文、河野一郎・絵、天野 徹・監修、世界を変えた日本の技術 科学読み物シリーズ1※、学研)である。
[ 続きを読む ]



最近の記事