クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

後席の3点式シートベルト  

日産NV200バネット

日産からNV200バネット(写真)が発売されたので、会社帰りに販売店に現物を見に行った。商用車ベースのバネットに、乗用車仕様も設定されたという。ちょうどルノー・カングーの位置づけにも似ていたので、興味を持った。で、気になったのが2列目シートの真ん中が3点式シートベルトでない点。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2009/05/28 Thu. 20:25 [edit]

category: Kangoo

tb: 0   cm: 0

ポルシェ 自動車を愛しすぎた男  

ポルシェ 自動車を愛しすぎた男

とかく偉人伝、伝記ものというと、その人の人生を褒め上げるものが多く、失敗や間違いを覆い隠そうとする傾向がある。特に児童書においては。しかし、前回の「ポルシェ博士の3つの夢」や今回紹介する「ポルシェ 自動車を愛しすぎた男」(斎藤憐・作、広野徹・絵、ブロンズ新社)は、彼の戦争との関わり、人生の負の部分についてかなりの紙面を割き、児童書としては非常に客観的な内容となっている点で、好感がもてる。また後者は、児童書では省略しがちな技術的記述、その技術が生まれる歴史的背景についても、著者は門外漢ながら丁寧にわかりやすく説明しており、技術史読み物としても大変良書であると感じた。そもそもポルシェ博士自身が、功罪両面の教師ともいえる、非常に稀有な人生を歩んできたことが、これらの良き教科書を生んだのかもしれない。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/05/25 Mon. 07:16 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

ポルシェ博士の3つの夢  

ポルシェ博士の3つの夢

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェと傘下企業であるVW(フォルクスワーゲン)が経営統合の問題で揺れている[1][2]。自動車大手VWが、あのポルシェとはいえ少量生産メーカーの子会社だということを知らない人も多いと思うが、もとを辿ればこの両社の産みの親は、天才エンジニア、フェルディナント・ポルシェ(Ferdinand Porsche)博士。両社が一つになってもおかしくはないし、統合されれば、自動車業界はトヨタグループとの実質二強時代になるのではないだろうか。今回と次回は、このポルシェ博士の生涯を綴った2冊の児童書を紹介し、彼の功と罪について勉強してみようと思う。

小生、薄給のサラリーマンなので、ポルシェとは縁遠いのだが、かなり昔に911のハンドルを握った覚えがある。そのときの印象はあまり覚えていないが、ポルシェにはなにか機械的な無機質なイメージがあった。しかし、ポルシェ博士の生涯を知ると、技術者としての完璧さを再認識すると同時に、彼の人間的な弱い面も見えて、彼の遺志を受け継ぐポルシェ車やワーゲン・ビートルに対する見方も変わってきたように思える。

さて、一冊目は「ポルシェ博士の3つの夢」(企画制作・アカデミア・ヴェントウーノ、絵・陣崎真枝)。以前紹介したディーゼル博士の生涯をまとめた「ジーゼル・ストーリー」も含まれるJAMCA(全国自動車整備専門学校協会)BOOKシリーズの一冊だ。中学生以上向きの小さな冊子だが、コンパクトにまとめられており読みやすい。まず今回は、彼の光と陰の人生の、おもに光の部分について整理してみる。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/05/24 Sun. 00:45 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

スバル・サンバー  

スバル・サンバー4代目KT前期型

絵本「じどうしゃにのった」の主役スバル・サンバーは1982年式の4代目前期型(上写真)であるが、初代サンバーの市販は、私が生まれる1年前、昭和36年(1961)にさかのぼる。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/05/06 Wed. 11:15 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 1

じどうしゃにのった  

じどうしゃにのった

車絵本というと、必ずしもかっこいいスポーツカーやメジャーなじどうしゃがモデルというわけではない。今回紹介するのは、知る人そ知る国産商用車がモデルの「じどうしゃにのった」(藤本堅二・作、福音館書店)である。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/05/04 Mon. 20:33 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

血をすゝり涙して  

花吹雪のごとく

ちょっと、普通の人は引きそうな時代錯誤のつれづれ話をしよう。バブル景気の少し前、1980年代には、こういう青春もあったというお話。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/05/01 Fri. 14:51 [edit]

category: bookshelves/本棚

tb: 0   cm: 7

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク