クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

ブルブルさんのあかいじどうしゃ  

ブルブルさんのあかいじどうしゃ

車と猫は相性がよいのだろうか。クルマ絵本には猫がよく登場する。『ヤンときいろいブルンル』も猫とワーゲンの交流を描いたものだったが、最近刊行された本書も猫の登場するクルマ絵本だ。『ブルブルさんのあかいじどうしゃ』(平山暉彦・作、福音館書店、こどものとも年少版通巻380号)、モデルの自動車がまたいい。MGミジェットのタイプMと、いかにも平山暉彦さんらしい渋い選択である。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2008/11/29 Sat. 21:08 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 0

ファール・プレイ Foul Play  

Foul Play

黄色いワーゲン・ビートルというと、やはりこの映画を思い出してしまう。私の大好きなゴールディ・ホーン(Goldie Hawn)主演のサスペンス・コメディ映画、「ファール・プレイ」(原題“Foul Play”、Colin Higgins・監督、1978年、米)だ。黄色いワーゲンが登場するのは、オープニング。主人公グローリア(ゴールディー・ホーン)が、パーティから家に帰る途中、サンフランシスコ郊外の海岸線道路を黄色いビートル・カブリオレで走る。青い空と海、曲がりくねった細い二車線の道にはたった一台だけのビートル。空撮アングルによるスケールの大きさと、バックに流れるバリー・マニロウ(Barry Manilow)の名曲“Ready to Take a Chance Again”が印象的なシーンだ。ゴールディ・ホーンへの思い入れもあって、私にとってはワーゲン映画の代表作だ。
-- 続きを読む --

Posted on 2008/11/27 Thu. 22:08 [edit]

category: movies/クルマと映画

tb: 0   cm: 0

ヤンときいろいブルンル  

ヤンときいろいブルンル

今回はワーゲンが主人公の絵本を紹介する。子猫のヤンと黄色いワーゲン・ビートル、ブルンルとの交流を描いた『ヤンときいろいブルンル』(やすいすえこ・文、黒井 健・絵、フレーベル館)。
-- 続きを読む --

Posted on 2008/11/26 Wed. 21:53 [edit]

category: picture books about automobile/クルマノエホン

tb: 0   cm: 6

竹と自動車  

Bamgoo

竹の車、電気自動車だそうだ。この編み方がすごい。
愛称も「Bamgoo(バングー)」、Kangooみたいでかわいい。
-- 続きを読む --

Posted on 2008/11/17 Mon. 22:47 [edit]

category: cars/車のお勉強

tb: 0   cm: 0

海上保安庁巡視船で体験航海!  

海上保安庁巡視船「すがなみ」

昨日3日の文化の日、家族全員で海上保安庁の巡視船に乗ってきた。何ゆえ、乗船できたのかというと、娘が海上保安庁主催の図画コンクールで表彰され、そのご褒美として横須賀保安部による巡視船の体験航海に招待されたというわけ。海の街、横須賀といえどもなかなか保安庁の巡視船に乗船できる機会はない。そんな貴重な体験をしてきた一日であった。
-- 続きを読む --

Posted on 2008/11/04 Tue. 22:30 [edit]

category: vehicles/のりもの

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク