まんがはじめて物語 自動車

前回「日本の自動車の歴史」で登場した、国産初の自動車「山羽式蒸気自動車」について紹介した児童書に「まんがはじめて物語 明治時代のスーパーカー 自動車」(DAX International Inc・企画.、久保田圭司・原案、国際情報社 まんがはじめて物語5)がある。児童書といってもB5版で30頁ちょっとの小冊子というべきものであるが、それなりに歴史情報が詰まっており、なかなか使える。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

日本の自動車の歴史

ダットさん」で日本のヒストリックカーが多数登場したところで、今回は日本のヒストリックカー図鑑、「日本の自動車の歴史」(山本忠敬・作、福音館書店、月刊「たくさんのふしぎ」通巻82号)を紹介しよう。子供の本とはいえ、日本の自動車の歴史を上手に美しくまとめている。自動車史を初めて学ぶ人にも、十分資料的価値の高い一冊である。
[ 続きを読む ]

BOOOON! CITY

やっと完成した。「BOOOON!CITY」というサイトで無料公開されている27種類のペーパークラフトのクルマたちである。1ヶ月くらい前から毎晩せっせと作り続け、毎日のように子供たちに作って作ってとせがまれて、この週末にようやく全種完成した。
[ 続きを読む ]

NAVIからのお年玉

クルマ雑誌の「NAVI」(二玄社)からひと月遅れのお年玉が届いた。NAVI誌上の「エンスー新聞」というコーナーで毎年恒例の新春お年玉プレゼントに応募していたものだ。フランスでは劇画や漫画のことをBande dessine(バンド・デシネ)と呼ぶそうで、クルマ関連のBDでもっとも人気があるのがジャン・グラトンが描く「Michel Vaillant」(ミシェル・バイヨン)なのだそうだ。映画化もされているらしい。その味のあるフレンチ・エンスーコミックの原作本が2冊も。嬉しい。余った年賀状で応募したのだが、出してみるものだ。もちろん全編フランス語なのだが、いろいろ調べてみよう。詳細はまたの機会に(こちら)。

取り急ぎ、NAVI編集部の皆さん、ありがとうございました。



最近の記事