クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためだけじゃないクルマ絵本ライブラリー

en route, CHOCOLaT!/ショコラちゃんのおでかけドライブ

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

en route, CHOCOLaT! ショコラちゃんのおでかけドライブ

日曜日の午後、ここのところの疲れた心を癒そうと、横須賀線に乗って雨上がりの鎌倉へ一人ぶらりと足を伸ばした。

鎌倉での収穫がこの”en route, CHOCOLaT!”(Hirotaka Nakagawa・文、Koshiro Hata・絵、BAYARD JEUNESSE)。この本のオリジナルは、「ショコラちゃんのおでかけドライブ」(中川 ひろたか・作、はた こうしろう・絵、講談社)という日本語の作品で、前出はその仏語訳版である。

スポンサーサイト

夢の車/Une voiture de rêve

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

夢の車

もう一冊、シトロエンの「夢の車」の絵本を紹介する。『夢の車』(今村幸治郎・著、ソフィー水鳥・仏語訳、二玄社)、31篇のシトロエンをモチーフとしたエッセイ(フランス語訳付)と絵で構成された今村幸治郎画文集である。2CV、DS、メアリ、アミ6、Hトラック等々、シトロエン好きは必携の大人の絵本だ。

Le Citroën Type H

Posted by papayoyo on   0 comments   0 trackback

Type H

前回シトロエン ティープ(Type)アッシュ(H)はマイナーな車と紹介したが、1948年から81年までの約30年間に約50万台を生産したロングセラーカーである。少なくとも商用車としては、間違いなく傑作の一台であろう。モデル後期においてはH(アッシュ)と呼ばず、積載量(kg)の1000とか1600で呼ばれるようになった。日本では三菱ふそうのディーラーで販売されていたそうで、100台ほど輸入されたらしい。波板のボディパネルとブルドッグのようなフロントマスク、その独特な風貌は、名前は知らずとも映画等で目にする機会も多いかと思う。