クルマノエホン livres d'images de voitures

楽しいクルマ絵本の世界/エンスーのためのクルマ絵本ライブラリー

土建屋ようすけ!  

井手口陽介
出典:フットボールチャンネル

サッカー日本代表が豪州代表を下し、来年のロシアW杯出場を決めた。「マンネリズムを笑え」や「JFAへの静かなる抗議」にも書いたように、正直期待もしていなかったし、ロシア捨てる気で日本サッカーの根本改革をしてもらいたかったという気持ちに変わりはない。何も変わらないJFAをいまだに信用していないから。ただハリルホジッチ監督のこの大一番での若手起用の挑戦は良かったと思う。その起用に応えた故郷福岡出身の井手口陽介(21)。代表最年少は反則やろ。こんなベテランのおっさんおったかいな?一瞬、土建屋よしゆきかと(関西以外は知らんやろうなあ)。しかし、試合を決めたあのミドルシュートは見事やった。まあ、W杯出場を決めたからには、ベテランと若手のバランスがうまく噛み合った良いチームに仕上げて欲しい。GK川島も偉いけど、早く若手からワールドクラスのキーパーが出てきてくれないかな。

土建屋よしゆき
故・土建屋よしゆきさん
出典:https://matome.naver.jp/odai/2140694733428555901
井手口陽介2
井手口陽介選手
出典:ガンバ大阪オフィシャルWEBサイト

スポンサーサイト

Posted on 2017/09/01 Fri. 00:31 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

Bリーグ  

横浜B・コルセアーズ

今日は息子とBリーグの公式戦を初めて観に行った。ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Japan Professional Basketball League、JPBL)が運営するトップリーグのB1、横浜B・コルセアーズのレギュラーシーズン・ホーム最終戦。自由席タダ券をもらっていたからだ。試合会場となったのは横浜・関内にある横浜文化体育館。日本のバスケはしばらく2つのトップリーグが並立し、いろいろゴタゴタがあった末、Jリーグを立ち上げた川淵三郎氏の尽力で昨年度新たに統合発足したBリーグ。正直バスケにはほとんど興味がなかった。世界市場でみれば実力は知れているし、ファン不在の過去の黒歴史を考えれば、観客もまばらかと思いきや、本日満員御礼。昼飯のんびり食ってたら、いい席獲れなかった。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/05/03 Wed. 23:33 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

Jリーグから撤退の危機?自動車メーカー  

中村俊輔 世界をかける背番号10

来月からスタートするJリーグ2017シーズン、横浜F・マリノスの10番にMr.マリノス、中村俊輔はいない。ジュビロ磐田に移籍が決まったからだ[1]。彼の選手生活は、ここ横須賀もホームの一部である横浜F・マリノスで終わると確信していたので非常に残念だ。多くのサポーターもそれを望んだはずで、俊輔も彼らの気持ちは十二分に承知していたはず。それでも移籍を決意したことの最大の要因と思われるクラブのグダグダは「マリノスは本当に“やばい”のか-サポーターの憂鬱と、希望」の記事で初めて知った。以前に「日本サッカー界、不安な旅立ち」でマリノスの将来を案じたことがあったが、まさかここまで面倒なことになっていたとは露知らず。熱烈なマリノスファンではなかったが、やはり地元チームだったし、最近Jリーグの試合を観に行ったのは、2015シーズンの最終節、マリノスvs松本山雅FC戦だ(「最終節」)。これがマリノスの俊輔を拝む最後になるとは。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/29 Sun. 11:38 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

挑戦は終わらない  

挑戦は終わらない
出典:http://blog.zaq.ne.jp/achikochitei/article/9936/

平尾誠二が亡くなった。昨年盛り上がったW杯の際、一番大喜びしているはずの平尾さんをメディアで見かけることが全くなかった。おかしいなとは思っていた。まさか闘病生活を送っていたとは想像もしなかった。南ア戦の歴史的勝利、来る2019年日本開催のW杯開会式を誰よりもあの屈託のない笑顔で喜びたかったであろう。彼の無念、いかほどのものだったか。最近急激に言うことをきかなくなったガタガタの身体に、自分自身歳をとる辛さや健康の不安を感じていただけに、私と同学年のスーパーヒーローの死はかなりショックだった。私のラグビー経験は高校の体育の授業程度だが、野球の秋山幸二やノーベル賞の山中伸弥先生とともに僕ら同学年の憧れ、誇りの人であった。カッコ良すぎるあの容姿に加え、選手時代司令塔としてファンを魅了した華麗なステップ、引退後もマネージャーとして培った彼の組織理論・哲学に見られるクレバーな頭脳。男も惚れる人間力、ナイスガイの理想像。山中先生も平尾誠二に憧れて学生時代にラグビーを始めたのだという。2014年、平尾誠二とそのノーベル賞を受賞したばかりの山中伸弥が新春対談をした。神戸新聞が企画したその対談のタイトルは「挑戦は終わらない」。山中教授も病を治す挑戦を続ける人だけに、友の訃報を人一倍悲しんでいるのは想像に難くないが、彼の使命感にさらに火が付いたのではないか。平尾誠二の挑戦はノーサイドとなってしまったが、頼もしい後輩たちがその意志を引き継いでくれるだろう。二人の対談の動画が神戸新聞ホームページで視聴できる(消さないで)。今宵はゆっくりこの男の語りを傾聴することにする。合掌。

平尾氏と山中教授 ラグビー縁で対談、神戸新聞NEXT
(上)http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/movie/new/201610/0009597851.shtml
(下)http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/movie/new/201610/0009597849.shtml

(平尾誠二の動画でユーミンの“no side”、YouTubeで聴けねえかなあ…)
⇒聴けた。やべえ、泣きそう…https://www.youtube.com/watch?v=i-YFGfAFKC0

[2016.10.27追記]
これまた平尾と同学年、彼をずっと追い続けた宮崎俊哉氏の渾身の追悼記事。「ミスター・ラグビー」のスポーツ哲学、そして彼が日本のラグビーでやりたかったことがよくわかる。その成果を見ぬまま旅立たれたことは本当に残念だ。
ラグビー平尾誠二が25年前に語った「子どもたちに伝えたいこと」

Posted on 2016/10/21 Fri. 23:24 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

悲報  

悲報プロ野球観戦

娘が今、巨人ファンの友人と横浜ベイスタジアムにDeNA-巨人戦を観に行っている。昨年の今頃は既に死亡していたベイも、今年はAクラス3位につけ、5.5ゲーム差の巨人とは2位争いの熾烈な攻防戦。でもどしゃ降りで、現在1時間中断中。このまま雨天中止で再試合になると思いきや、試合再開の模様。なんで、こんな日に行くかね。

Posted on 2016/08/28 Sun. 19:49 [edit]

category: sports/スポーツ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク