JOSEF, THE INDY CAR DRIVER

先月末、元F1ドライバー、佐藤琢磨がアジア人ドライバーとして初、インディ500(インディアナポリス500マイルレース)でチャンピオンの栄冠を手にした(もう40歳なんだね)。佐藤は2010年からインディカー・シリーズ(※2)に参戦し、2014年シーズン第3戦で日本人として初めてトップフォーミュラカー・レース(F1、インディ)での優勝を果たしている[1][2]。しかし、今回優勝を果たしたインディ500は、F1モナコGP、ル・マン24時間レースとともに世界三大レースといわれるインディカー・シリーズの中でも特別なレース(「F1のチャンピオン」参照)。昨年が100周年(開催は95回目)の記念レースだったので、インディ500史上、新世紀最初のウィナーとして日本人レーサーが名を刻んだ。米人記者が「日本人が勝ったのは不快」と人種差別的発言も飛び出して大騒ぎになったが[3]、それだけアメリカ人の魂ともいえるレースだということ。トランプを選んだ国なので、その程度の差別意識を陽に陰に抱く輩は珍しくない(言わせておけばよい)。一方で、実力を素直に認める国でもあるから、大袈裟に騒ぐほどのことではないと思う。そのヤンキー魂に火をつけるインディカー・レースの中で期待されている若いアメリカ人レーサーがいる。今回のインディ500では19位に終わった[2]ジョセフ・ニューガーデン(Josef Newgarden)がその人。ジョセフが子ども向けにインディカー・レースを解説する絵本“JOSEF, THE INDY CAR DRIVER”(Chris Workman・作、Josef Newgarden・協力、Apex Legends)が本日紹介するクルマ絵本。佐藤琢磨優勝ニュースの後、「インディ×絵本」でググったらこの絵本が見つかったのだ。

(※1)2014年から大手電気通信事業会社のベライゾン(Verizon)社が冠スポンサーになったため、現在の名称はベライゾン・インディカー・シリーズ[1]。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

カナリア・タクシー たかせ・たかしくん

今日はタクシーのお話。現実離れした巨大なクルマの話題から一転して日常に戻ってみたい。でも、後述するようにタクシーはクルマの未来の話にも大きく関わる。拙ブログは自動車の絵本をテーマに日々蒐集・調査活動に勤しんでいるが、「紙芝居」というコンテンツも実は重要である。読み聞かせの王道ツールだからね。もちろん紙芝居も絵本の括りで捉えているのだけど、これが結構すてきな素材が見つかるのだ。本日紹介する『カナリア・タクシー たかせ・たかしくん』(渡辺泰子・文、高橋 透・絵、童心社)もその一冊(ん?紙芝居ってどう数えるんだ?)。初版が1967年なので絵や内容が時代を感じさせるのだけど、いいでしょ、高橋 透さんの描く日産セドリック2代目、130型デラックスのカナリア色のタクシーが。これ、数ある高橋作品の中でも色使い、デッサンともに出色の出来だと思うんだよね。スコッチ飲みながら鑑賞できるよ、俺。
[ 続きを読む ]

Wir entdecken die Riesenfahrzeuge

久しぶりのクルマ絵本です。テキストを書く時間がなかったのと、何を題材にするか迷っていました。新年度も始まり、新しい環境で新しいチャレンジをスタートした方も多いと思います。どこかの党首がかつて発した戯言もありましたが、何ごとも是非「世界一」(まずは日本一でも良いです)を目標に始めてみて下さい。最初からトップランナーを目指してやり始めるのと、キャッチアップで良いというモチベーションでスタートするのとでは実行プロセスも異なりますし、成功しても失敗してもやり遂げた人や組織の成長度合いには雲泥の差が生じます。その世界一ですが、テーマ柄、世界で一番デカいクルマは何だろう?最近ふとそんな疑問を持ちました。「世界一速いクルマ」については以前に何度か紹介しましたが(「スピード図鑑1くるま」「世界一速い車」「スピードへの挑戦━命をかけたスリルと冒険」など参照)、物理的な指標としてスピードとくれば大きさです。真先に思いついたのは「世界のコマツ、世界のタダノ」でも紹介した鉱山や土木作業現場で活躍する大型ダンプトラックやクレーン車です。しかし、調べてみるとこいつらですらタダの小象でしかありませんでした。じゃあ想像を絶するクルマ界の巨象は何か?そんな巨大なクルマたちばかりを紹介した面白い絵本を見つけました。それが本日紹介する“Wir entdecken die Riesenfahrzeuge(でっかいクルマを見つけたよ)(Sussanne Gernhäuser・文、Peter Nieländer)です。”Alles ber Autos(くるまのすべて)”で初めて紹介したWieso?Weshalb?Warum?(なぜなぜ)シリーズ第6巻です。このシリーズ、第55巻“Wir erforschen die Dinosaurier”と第32巻“Wir entdecken den Weltraum”がそれぞれ講談社から、『めくって しらべる めくって わかる 恐竜のひみつ』『めくって しらべる めくって わかる 宇宙のひみつ』(学べる図鑑なぜ?なぜ?シリーズ)として翻訳絵本が出版されていますが、もちろん本書も『くるまのすべて』も未刊。予定あるのかなあ…。
[ 続きを読む ]

ブルルン!

先日紹介した『ぼくのくるま』の作者・岡本順さんが、この絵本の初版から2年先立つ2001年に出版したくるまの絵本に『ブルルン!』(岡本順・作、偕成社)がある。
[ 続きを読む ]

ぼくのくるま

横須賀が生んだ児童文学界の巨匠(と書くとご本人は嫌がるだろうが)、佐藤さとる氏の世界をもっと知ってもらおうと、市民有志が立ち上げたチーム・コロボックルの企画展については以前に紹介した。その活動の中心的な役割を担っておられる、横須賀唯一の絵本専門店「うみべのえほんやツバメ号」さんが、今度はお店のギャラリーで「佐藤さとるの世界と岡本順原画展」を開催している(2/14まで)。土曜日にちょいと顔を出してきた。佐藤さとる氏の育った、ここ横須賀按針塚を舞台にした自伝的名作『わんぱく天国』が、ゴブリン書房から最近復刻されていて、その挿絵を描いているのが岡本順氏である。他にも佐藤氏との共著は『宇宙からきたかんづめ』『机の上の仙人』(ゴブリン書房)、『えんぴつ太郎の冒険』(鈴木出版)などがあり、これら4作品の原画とこの企画展開催中に89歳を迎えられる佐藤氏のメッセージなどが展示されている。佐藤さとる作品といえば、村上勉氏とのコンビが有名だが(『わんぱく天国』の旧版もそう)、親子ほど歳の離れたこの二人のコラボレーションもすばらしい。岡本氏は私と同い年でクルマもお好きなようで、『ぼくのくるま』(岡本順・作、ポプラ社)というクルマノエホンも上梓されている。
[ 続きを読む ]



最近の記事