暮しの手帖

妻も息子も寝静まった深夜、録画していた『とと姉ちゃん』を娘と見る。普段朝ドラは見ないのだが、高畑充希がヒロインの今シリーズは、彼女がハマって家族もつられて観ていた。このドラマもいよいよ最終週で、心臓病を患い体調が芳しくない『あなたの暮し』(『暮しの手帖』がモデル)の編集長、花山伊佐次(『暮しの手帖』創業者、花森安治がモデル)が、最後の仕事と広島へ取材に出かける。そして、読者からの戦争体験の手紙をまとめ、一冊の本にすることを提案する。「はて?どこかで聞いたことがあるような…」と、私は本棚の奥を探し始めた。あったあった、『戦争中の暮しの記録―保存版』(暮らしの手帖編集部)。まさにドラマの中で登場した『あなたの暮し』戦争特集号の本物。その「暮しの手帖」96号の特集―戦争中の暮しの記録―が発行されたのが1968年(昭和43年)、翌年これを1冊の本にまとめた<保存版>が発行された。書棚に隠れていたのは、その後再販された保存版。「これが花山さんが提案した実際の本だ」と娘に見せると、「我が家にこれがあるなんて感動!」と大喜び。興味深そうに読んでいた。なんで俺、こんな本持っていたんだろう。何かの記事でこの本の存在を知って、多分古本屋かネットオークションで手に入れたのだ。戦争の記録というと、大概は軍人や政治家が中心になることが多いが、これはフツーの庶民が主人公だ。両親からたまに話は聞いていたものの、実際に戦時下での大衆の暮しはどうだったのか?という単純な好奇心から購入したのだと思う。政治的にもニュートラル、あくまで生活者目線の日常を綴ることであの戦争を振り返る、花森安治の編集者としての非凡な企画力を感じさせる。戦時中は大政翼賛会の広報マンとして戦争を鼓舞した側だった彼が、人生の最後に何としてもやりたかったこと、やらねばならなかったことがこの一冊に集約されている。一緒に『暮しの手帖』第4世紀50号(2011)が出て来た。ガキの頃は必ず家のどこかに転がっていたこの雑誌。でも俺は、暮しの手帖なんて買わないんだけどなあとパラパラめくると、ドラマでも重要な部分を占める本誌の代名詞、商品テストのページは「テーブルタップ」。取り上げるアイテムが、暮しの手帖だねえ。さらに目次を見ると、紀行「徒歩旅行 神奈川県・横須賀(若菜晃子)」とある。そういえば、「横須賀の記事が出とる」と親父が送って来てくれたような…。

スポンサーサイト

福岡人志

実家の福岡から土曜の晩に帰宅。その日の朝、テレビを観ていると『福岡人志』(FBS福岡放送)をやっていた。福岡以外の人にとっては、「なんや?その番組」と思われるローカルバラエティだ。出演者はダウンタウンの松本人志。福岡市出身のパンクブーブー・黒瀬純とローカル芸人たちが、ノープランで松本人志を福岡県内に連れ回すという企画。アポなしで地元民もあまり知らないようなディープな場所をその場で決めて、移動は黒瀬の運転する軽自動車というアドリブドライブ旅番組だ。プライベートでも福岡好きとして知られる松本に、黒瀬が企画を持ち込み実現したようだ[1]。多くの芸能人を輩出するこの福岡では、芸能人には馴れっこになっていると思いきや、さすがに松本人志がぷらーっと歩いていると大騒ぎになっている。レギュラー化されていないスペシャル放送だが、昨日分も含めこれまで4回放送された。今年になって実家に帰る機会の増えた私は、これまで偶然に2、3回見ている。今回の出没場所は北九州市・小倉。私が少年期に住んでいた街だ。
[ 続きを読む ]

toots thielemans_90yrs.

5月の退院後、一人暮らしを再開した親父の様子を見に、今週久しぶりに実家の福岡に帰っている。相変わらず、この昭和ヒトケタ頑固クソじじいとのバトルを繰り広げ、気分も最悪だった先日、何気にネットサーフィンしていると、以前にも記事にしたジャズ・ハーモニカの名手、Toots Thielemansのタイトル記事に目がとまった。こんな穏やかで、粋な親父だったらどれだけよかったかとそのブログを開くと冒頭、「ベルギーのジャズ・ハーモニカ奏者であるトゥーツ・シールマンスが8月22日に94歳でなくなりました」と。「えっ?…」
[ 続きを読む ]

佐藤さとる画『按針塚』
佐藤さとる画『按針塚』

拙宅のある横須賀・安針塚は、コロボックル物語シリーズで有名な日本を代表する児童文学者、佐藤さとる氏のゆかりの地である。ちょっと裏山に登れば、近所の谷戸を散歩すれば、佐藤さとるの世界が堪能できる素敵な場所である。彼のファンや、彼の作品を知らない人にもその世界観を知ってもらおうと、ここ横須賀でちょっとしたコロボックル物語展が10月2日~10日まで開催される。期間中には、県立神奈川近代文学館の学芸員、野見山陽子氏の講演会や、『わんぱく天国』の実際の登場人物といっしょに文学散歩をするといった特別企画も予定。このイベントへの参加希望者は、事務局をされている横須賀の絵本屋さん「うみべのえほんやツバメ号」の店主、伊東さんまで。楽しそうなイベントは平日開催なので、リーマン稼業の私は参加できるはずもなく、残念!

うみべのえほんやツバメ号Facebook
横須賀市生涯学習センター「まなびかん」
按針フェスタ2016
佐藤さとる公式WEB

絵本の色

最近、絵本の重要な要素の一つである「色」について考えさせられる出会いがいくつかありました。
[ 続きを読む ]

BASIN TECHNO(初回生産限定盤)

先月末、日テレでは恒例の24時間テレビをやっていた。我が家も、まあ観たり観なかったり、でもなんとなく日テレにチャンネルを合わせていたという感じ。私の幼なじみが高校で同級生だった(つまりは知り合いでも何でもない)KANを久しぶりに見て、互いに歳とったなあとか。何年か前には、自宅の目の前をエド・はるみが走り抜けたこともあったが、毎年思うのは、なんで走らんとあかんのやろ、泳がんとあかんのやろ、登らんとあかんのやろということ。ちょうどその月末にUPした「スピードへの挑戦」の主人公たちのように、自らの強い意志で極限に挑戦しているようには見えなかったし、やらされ感が見え見えなんだよね。過去に70歳以上のタレントを走らせた時なんて、高齢者虐待以外の何ものでもない。勿論、障害や体力を乗り越えて完遂した彼らには頭が下がる。俺には絶対にマネが出来ない(頼まれてもやらないが)。でも、芸能人が挑戦“させられる”マラソンについていえば、圧倒的な速さで武道館に着いてもよさそうだし、途中でリタイアしても全く構わないと思うのだが、誰もがエンディングぴったりに戻ってくる胡散臭さ。実際、今回はスタッフがたい平さんにゴールのタイミングを指示する様子がカメラに映り込んだそうで批判殺到なんだとか[1]。やっぱりね。以前に記事にした「トヨタ社長、あんたもか…」のようにチャリティーを餌にする大人の事情ってヤツだね。
[ 続きを読む ]

Mélanie Laurent
出典:http://www.zimbio.com/pictures/G7AqEIeMnBe/Mark+Ruffalo+Set+Now+See/R8jRh8Bz2Ob/Melanie+Laurent

日曜日、愚息が現在上映中の『グランド・イリュージョン 見破られたトリック(原題“Now You See Me2”)』(2016、米)を観に行きたいと言い出した。先日『ONE PIECE FILM GOLD』を一緒に観に行った友だちでは、この映画はちょっと趣味が合わないようで親父が誘われたのだ。全くノーチェックだったので調べてみると、本作はシリーズ第2作で、レビューなどには1作目を観ないとちょっとわかりずらいかも、とある。ということなので、彼にまずレンタルで1作目『グランド・イリュージョン(原題“Now You See Me”)』(2013、米・仏)の視聴を勧め、2人で借りに行った。これがなかなか面白かった。ネタバレするので詳細は語らないが、『スティング』や『ユージュアル・サスペクツ』など私の好きなコン・ゲーム系。マジシャンやメンタリストの男女4人組「フォー・ホースメン」が主人公の騙し・騙され映画である。
[ 続きを読む ]

天女銭湯

アッついすねー。家の中でぐだーってしててもしゃあないので、昼過ぎた暑い盛りに散歩に出かけた。今日明日と地元ヨコスカで、街全体をジャズが彩る「ヨコスカトモダチJAZZ」が開催される[1]。プロアマ合わせ、約400人のプレーヤーが路上やライブハウス、バーで演奏すると聞いたので、歩いているとストリートジャズを聴けるかなと思ったのだ。基地を見渡せるヴェルニー公園を歩いてショッピングセンターへ向かったのだけど、ジャズメンはおらず。残念。ドブ板とかもっと中央寄りだったのかな。歩き疲れたので、センター内の本屋で涼むことにした。いつものように絵本コーナーを眺めていると、強烈なイメージが視線に入って来た。『天女銭湯(原題「장수탕 선녀님」)』(ペク・ヒナ・作、長谷川義史・訳、ブロンズ新社)という絵本だった。な、なんや、このヤクルト飲んどるけったいなばあさんは。
[ 続きを読む ]

スピードへの挑戦

10日ほど前、伝説の男、ウサイン・ボルトのわずか後ろを駆け抜ける精悍な顔立ちの日本人青年の勇姿に鳥肌が立った。彼だけではない、日本スプリンター陣過去最強と言われた男たちがリオでやってくれましたね。陸上短距離決勝で、世界史上最速の人類の横を日本人選手がガチンコで走るなんて、夢にも思わなかった。日本人がオリンピックの花形競技で世界に伍して戦えるチャンスがここにあったかと。速く、速く、より速く。有史以来、人はなぜ命をかけてまでスピードへの挑戦を続けるのか?そんな人類永遠のテーマについて、自動車だけでなく、世界一足の速い男のはなしも含めたスピードへの挑戦者たちのエピソードで読者を魅了する児童書がある。それが本日紹介する『スピードへの挑戦━命をかけたスリルと冒険』(久米穣・編著、謝 世輝・解説、依 光隆・絵、偕成社・少年少女世界ノンフィクション<19>)である。
[ 続きを読む ]

悲報プロ野球観戦

娘が今、巨人ファンの友人と横浜ベイスタジアムにDeNA-巨人戦を観に行っている。昨年の今頃は既に死亡していたベイも、今年はAクラス3位につけ、5.5ゲーム差の巨人とは2位争いの熾烈な攻防戦。でもどしゃ降りで、現在1時間中断中。このまま雨天中止で再試合になると思いきや、試合再開の模様。なんで、こんな日に行くかね。



最近の記事